サビ?変色?ステンレス素材の製品を長く愛用するための簡単なお手入れ方法

LINDEN JONAS 計量カップ

FOOD LIFE DESIGN STORE でも取り扱いの多い、ステンレス素材のキッチンツール。
クールでスタイリッシュでモダンな印象を演出できるため、好んで使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなステンレス素材のキッチンツールを長く愛用するためのお手入れ方法について、ご紹介いたします。

そもそも「ステンレス」とは?サビないって本当?

ステンレスは、

stain(ステン)= しみ、汚れ、キズ
less(レス)= ○○しない

という名前の通り、鉄に比べて「しみや汚れやキズがつきにくい」という特徴があります。
もう少し詳しく言えば、ステンレスは鉄にクロムを添加することで表面に薄い酸化皮膜を作ります。この酸化皮膜は、傷ついても酸素や水と結合してすぐに再生する機能を持っているうえに、腐食を引き起こす物質をはじきます。
そのため、ステンレスは耐食性に優れ、非常にサビにくい金属と言われています。

とは言え「サビにくい」というだけで、まったくもって「サビない」というわけではありません。ご家庭で普通の使い方をしている限り、滅多にサビるようなことはないのであまり神経質になる必要はありませんが、サビないものと決めてかかって必要な手入れを疎かにすると、使い方によってはサビが発生することもあります。

ステンレス製品のサビを防ぐには?

ステンレス製品のサビの多くは表層のみで、鉄製品のように深く侵食されることはありません。ですので、基本的には定期的に水で洗って、乾いた布で乾拭きすることで本来の美しさを保つことができます。

塩素系の洗剤や漂白剤が付着した状態が続いたり、鉄やアルミなどの金属製品と接触させたまま長時間放置すると、サビが発生することがありますが、すぐに中性洗剤や市販のステンレス用清掃溶液をスポンジや布につけて拭き取れば、比較的簡単に取り除くことができます。
ところが、こうしたサビを放置しているとステンレス自体の腐食がどんどん進んでしまい修復が難しくなります。新たなサビを発生させる原因にもなってしまいます。

ステンレス製品を使用したら、放置せずなるべく早めに洗うように心がけましょう。
塩分や油分などは台所用洗剤できれいに洗い落としてよく水気を拭き取ります。万が一、煮焦げや焼き焦げが出来てしまった場合には、お湯に浸して柔らかくしてから(場合によっては弱火で煮ても)、スポンジでこすり落としましょう。

その他、ステンレス製品の気になる汚れの落とし方

ステンレス素材のキッチンツールを使っていると気になるのが、お鍋の内側などに発生する虹色の変色。
とくに新品のものを使用するとよく起こる現象です。
これは、水中に含まれるイオンや鉄や銅などが、火にかけられて蒸発する際に、ステンレスの表面にあるクロムの酸化皮膜に付着して虹色に見えるものです。ステンレス自体が変質したものではないので安心して使うことができますが、いつも使うお鍋が変色しているのは気になるものです。

その際は、水に食用酢を入れて数分間煮込めば落とすことができます。
お酢の量はとくに何%ということはありませんが、やや濃いめの方が効果があるようです。薬局等で販売しているクエン酸でも同じ効果が得られます。煮込み終わったら、そのまま長時間放置せずに(サビの原因になってしまいます)、すぐに洗って水気を拭き取りましょう。作業中、お鍋からお酢の匂いが立ち込めますので、十分に換気をしながら作業するようにしましょう。

鍋底に白い斑点が出来てしまう、という現象もステンレス素材の製品にはよく起こりがちです。
これは水分に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が沈殿して出来たもので、人体に影響はありませんが、見栄えが悪く気になります。
こちらも上記の方法で落とすことができますので、ぜひお試しください。

こまめなお手入れで、ずっとピカピカ

いかがでしたでしょうか。
毎回のちょっとしたお手入れで、ステンレス素材の製品はよりサビにくく、清潔に、長く愛用することができます。
ステンレス素材の調理器具やテーブルアイテムをお持ちの方も、これから揃えていこうとお考えの方も、ぜひお試しください。