おつまみは気軽にコンビニで!家飲みにワインはいかが?

こんにちは、FOOD LIFE DESIGN の角田です。
最近「家飲み」という言葉をよく耳にするようになりました。「家飲み」とは、文字通り「自宅でお酒を飲む」こと。
今年6月に、アサヒグループホールディングス株式会社の生活文化研究所がインターネットで実施した意識調査によると、有効回答を得た2,105人のうち、約7割以上の人が週2回以上の「家飲み」を楽しんでいるという結果が出たそうです。

流行りの「家飲み」の魅力とは?

家飲みの一番の魅力は、自宅でリラックスしながら自分のペースでのんびりと好きなお酒を楽しめること。帰りの電車を気にすることもないですし、おつまみも予算に合わせて用意できるのでお財布にも優しいですよね。一人でのんびり、家族や友人とワイワイ、とシチュエーションもその時々で選べますし、家飲みが流行るのも納得です。

家飲みで身近になった「家ワイン」

家飲みといえば缶ビールや缶チューハイが定番ですが、近年ではワインを嗜むという方が増えているそうです。
たしかにお店でワインを飲むとそれなりのお値段がしますし、ビールなどと比べて種類もたくさんあってなんとなく専門的な知識も要るような……とちょっと身構えてしまいがちです。しかし最近では、いわゆる「安旨ワイン」などと呼ばれるコストパフォーマンスの良いワインがスーパーでも気軽に手に入りますし、ウンチクを垂れずとも予算やエチケット(ラベル)のデザインなどで自分好みのワインを自由に選びやすくなりました。「家飲み」以上に「家ワイン」が身近になった、ということでしょうか。

おつまみはコンビニでもおしゃれにできる!

いざ自宅でワインを楽しもう!となったとき、おつまみに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
枝豆に焼き鳥、というのもなんか違うような気がするし、かと言ってビストロのような気の利いたメニューを自分で作るのは敷居が高く感じてしまいます。ワイン用のおつまみとなるとなぜか「それなりのもの」を食べなくてはいけない気がしてしまいますよね……。

ところが案外身近なところで、おつまみの調達は可能です。それがコンビニです。
サラミや生ハム、チーズなどはもはや当たり前のように置いてありますし、缶ツマと呼ばれる高級缶詰なんかもありますよね。ちょっと気持ちに余裕があるときは、一人分に袋詰めされたリーフサラダに、調理済みのサラダチキンを一口大に割いて和えれば、ワインのおつまみにぴったりなおしゃれなサラダに。
組み合わせをあれこれ試して、オリジナルのおつまみを作ってみるのも楽しいですね!

まずは気軽に「家ワイン」初めてみませんか?

年々身近になる「家飲み」。
自宅で時間を気にせずのんびり楽しむお酒のラインナップに、ぜひワインを加えてみてはいかがでしょう。

こちらの記事も併せてご覧ください
ワイングラスで叶えるリッチな「家ワイン」 – フードライフデザインブログ
自宅でのんびりワインを楽しむ「家ワイン」。ワイン周りのアイテムにもこだわってみるのはいかがでしょう。デンマーク王室御用達、HOLMEGAARD(ホルムガード)のCABERNET(カベルネ)シリーズは、お手頃価格でシャンパングラスからウォーターグラスまで揃えられるので、グラス選びのスターターセットにおすすめです。
形やサイズ、どれを選べばいいの?「家ワイン」を格上げするグラスの選び方 – フードライフデザインブログ
自宅でのんびりワインを楽しむ家ワイン。デイリーワインを楽しむ際、いつものワインの味わいを格上げできる、簡単なグラス選びのポイントをご紹介します。HOLMEGAARD(ホルムガード)のCABERNET(カベルネ)シリーズならシャンパングラス、白ワイングラス、赤ワイングラス、ウォーターグラスまで揃ってオススメです。
家ワインこだわり派に贈る、開栓アイテム「ソムリエナイフ」 – フードライフデザインブログ
ワインそのものの味わいや香りだけでなく、最初にコルク栓を抜くという行為までを含めて楽しみたい。Chateau Laguiole(シャトー・ラギオール)のソムリエナイフは高級感のある専用皮ケースと化粧箱に入っており、持っているだけで気持ちが昂ぶるアイテムです。、ワイン好きな方への贈り物としても大変おすすめです。