ワイングラスで叶えるリッチな「家ワイン」

こんにちは、FOOD LIFE DESIGN の角田です。
前回の記事では、自宅でのんびりワインを楽しむ「家ワイン」についてご紹介しました。
ワインもおつまみも、思いのほか身近なところでリーズナブルに手に入れることができる昨今。逆に「脇役」とも言える、ワイン周りのアイテムにこだわってみるのはいかがでしょう。

普段使いのグラスで手に入れる、上質な食卓

今では100円均一でも買えてしまうワイングラス。
それっぽい形ならどれも同じなんじゃ……と思いがちですが、ちょっとだけこだわってみませんか?

HOLMEGAARD(ホルムガード)CABERNET(カベルネ)シリーズ
HOLMEGAARD(ホルムガード)「CABERNET(カベルネ)」シリーズ

HOLMEGAARD(ホルムガード)はデンマークで最も古いガラスブランド、そのクオリティはデンマーク王室御用達に選ばれるほどです。なかでも、FOOD LIFE DESIGN STORE で取り扱っている「CABERNET(カベルネ)」シリーズは、モダンなデザインと機能性に加え、扱いやすさと価格帯で日常性をも兼ね備えている絶妙なグラスシリーズです。長めのステム(持ち手)と薄手のカップがなんともエレガントで、食卓を上質に演出してくれます。
あまり値の張るグラスはほろ酔い気分で扱うには緊張感がありすぎて、なかなか「普段使い」とはいかないものですが、この「CABERNET(カベルネ)」シリーズのグラスは全体的にエレガントな印象ながら耐久性に優れ、シリーズで揃えるのにも程良い価格帯。
と、まさに普段使いで「手の届く贅沢」が味わえるグラスです。

ウォーターグラスもシリーズ使いで統一感ある食卓に

また、この「CABERNET(カベルネ)」シリーズの良いところは、シャンパングラスからウォーターグラスまで揃えられるところです。
缶ビールや缶チューハイの平均的なアルコール度数は、約5%程度。それに対してワインは約14%と高めです。美味しいワインはついつい飲み過ぎてしまいますが、気分良く楽しく飲むためには少し注意が必要です。
ワインだけを飲み続けていると、血中のアルコール濃度が急激に上がり、悪酔いにつながってしまいます。合間合間でお水を飲むように心掛けると、血中のアルコール濃度を下げて悪酔いを防いだり、内臓への負担を軽くすることができます。テーブルセッティングをする際は、ワイングラスの横にウォーターグラスも添えると安心です。

ところが、このワイングラスとウォーターグラスのデザインがちぐはぐだと、食卓に並べたときにイマイチ美しくないのですよね……。バランスの取り方がけっこう難しかったりします。
その点「CABERNET(カベルネ)」シリーズは、同じデザインでウォーターグラスまでがきちんとラインナップされています。乾杯のシャンパンから、白、赤、そして合間に飲むお水まで、シリーズ使いで統一感のある食卓を演出できます。

「家ワイン」のスターターセットにおすすめです!

あまり高価だと普段使いがためらわれるけれど、ちょっと良いグラスがほしい。でも何から揃えたらいいのかわからない。
HOLMEGAARD(ホルムガード)の「CABERNE(カベルネ)」シリーズは、そんな方にぜひおすすめしたいシリーズです。
お酒やおつまみに趣向を凝らすのも楽しみのひとつですが、グラスをちょっとこだわるだけで、いつもの家飲みが格段にグレードアップすること間違いなしです。家飲みでお店以上の贅沢感が味わえたら、この上ない幸せですよね!

 

HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET シャンパンフルート 290ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET シャンパンフルート 290ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ワイングラス 250ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ワイングラス 250ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ワイングラス 350ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ワイングラス 350ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ウォーターグラス 350ml
HOLMEGAARD(ホルムガード) CABERNET ウォーターグラス 350ml
こちらの記事も併せてご覧ください

おつまみは気軽にコンビニで!家飲みにワインはいかが?

形やサイズ、どれを選べばいいの?「家ワイン」を格上げするグラスの選び方

家ワインこだわり派に贈る、開栓アイテム「ソムリエナイフ」

保存保存

保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存