起源は古代ケルト?ルーツを知ってより楽しむ、2017年のハロウィン

Halloween-1_eyecatch

今月末、10月31日は「ハロウィン」です。街でもハロウィンをモチーフにしたディスプレイや、かぼちゃ味の季節限定メニューなどを目にする機会が増えてきました。
日本でも年々盛り上がりを見せるハロウィン。そもそもはどういった意味合いを持つ行事なのでしょうか。
今回は、そんなハロウィンのルーツについてご紹介したいと思います。

ハロウィンのルーツとは?

元々は古代ケルトの宗教的行事だった

ハロウィンの起源は、古代ヨーロッパに住むケルト人の収穫感謝祭であったとされています。
古代ケルトでは、11月1日から10月31日までを一年間と考えられており、10月31日は彼らにとって夏の終わり、そして冬の始まりの日として、一年の区切りの日になっていました。日本でいうところの大晦日ですね。

彼らは新しい年を迎えるにあたって、大晦日である10月31日の夜から、その年の秋の収穫を祝う「サウィン祭」と呼ばれる儀式を執り行っていました。自然崇拝の多神教を信仰していたケルト人にとって、このサウィン祭はとても重要な行事だったのです。

サウィン祭の夜には、この世と霊界との間にある見えない「門」が開き、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていました。日本のお盆のような感覚ですが、お盆と違ってご先祖様の霊だけでなく悪霊や魔女も作物を狙って現れるとされており、そういった悪しきものから身を守るために彼らは魔除けの仮面を被り、かがり火を焚いて作物や動物などを神様に捧げ、盛大に祭ったのだそうです。
この時の魔除けの仮面が、ハロウィンの仮装のルーツであると言われています。

仮装の他にも、子供達が「トリック・オア・トリート!(ご馳走をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)」と唱えながら家々を訪ね、お菓子を集めて回る習慣もハロウィンならでは。
この習慣の由来には諸説あるのですが、古代ケルトのサウィン祭では、家の外に食べ物やワインを供えて、街を徘徊する悪い霊が家の中に入って来ないようにする習慣があったことから、これがルーツなのではないかとも言われています。

ハロウィンのシンボル「ジャック・オー・ランタン」

Halloween-1_Jack-o'-Lantern

ハロウィンといえば、オレンジ色のかぼちゃ。
そして、そのかぼちゃに怖い顔の形をくり抜いて内側にロウソクを立て灯した提灯「ジャック・オー・ランタン」は、ハロウィンのシンボル的なアイテムです。

先述のサウィン祭で用いられた魔除けの仮面が仮装のルーツであるならば、かがり火のほうがジャック・オー・ランタンのルーツなのか……というと、どうもそうではないようです。
元々はアイルランドで「ルタバガ」と呼ばれるカブに似た野菜を、人の顔の形にくり抜いてハロウィンの日に飾っていたのが始まりだそうで、後にアメリカに移住したアイルランド人がルタバガの代わりに生産の多かったかぼちゃを使ったことから、「かぼちゃのジャック・オー・ランタン」が誕生したのだそう。
ここから、悪い霊を怖がらせて追い払うために、ハロウィンの晩に家の戸口の上り段にかぼちゃのジャック・オー・ランタンを置く風習が出来上がりました。ハロウィンの季節になると、かぼちゃを使ったお菓子などが多く出回るのも、これに由来するものです。

宗教的意味合いを失っていくハロウィン

このように、元々は古代ケルトの宗教的行事にルーツを持つものの、ケルト人が移民として他国へ渡り、自然崇拝からカトリックへと改宗するなど、時代の変遷にともなってあらゆる国のあらゆる文化がごちゃ混ぜになって出来上がった現在のハロウィン。

ハロウィンという名称も、カトリック教会における諸聖人の日である11月1日「All Hallows(オール・ハロウズ)」の前夜であることから「All Hallows Eve(オール・ハロウズ・イブ)」となり、これが訛って「Hallows Eve」→「Halloween」となったという説がありますが、ハロウィン自体はキリスト教とはまったく関係がなく、教会では特別なお祝いはされません。このあたりは、クリスマスやバレンタインデーなどと異なるところですね。

現在では「魔除け」という概念は受け継いでいるものの、本来の宗教的な意味合いはほとんど失われ、「祝う」というよりは「楽しむ」といった感覚のほうが強い民間行事として、欧米を中心に広く普及しています。

日本でのハロウィン

日本でも、1990年後半頃から東京ディズニーランドのイベントを筆頭に、各地でハロウィンイベントが開催されるようになったり、お菓子メーカーの展開するハロウィン商戦、SNSの後押しなどによって、ハロウィンが広く認知されるようになりました。
年々盛り上がりを見せるハロウィンですが、一方で、仮装をしながらの街中での非常識なお祭り騒ぎや、その後のゴミの散らかしなどで、ハロウィンイベントへの批判や非難も増加しているという問題点もあります。ハロウィンを楽しむにあたって、こうしたマナーには気を付けたいところです。

もはや「仮装をしながらパーティーをするかぼちゃの日」のようにもなりつつあるハロウィンですが、そのルーツを辿ると紀元前のヨーロッパに住んでいた古代ケルトの宗教的な魔除けの儀式だったというのは興味深いですよね。
今年のハロウィンは、仮装やパーティーの準備に加えて、こうしたルーツにも思いを馳せてみると、楽しみ方も変わってくるのではないでしょうか。

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存