歴史とともに歩み続けるカトラリーブランド「GENSE(ゲンセ)」の魅力

GENSE(ゲンセ)紹介記事アイキャッチ

私たち日本人にとって、一番馴染み深い食事用のアイテムといえば「お箸」ですが、洋食を食べることが当たり前になった今日では、ナイフ・フォーク・スプーンなどの「カトラリー」も毎日の食卓に欠かせないアイテムとなりました。もしかしたら、お箸よりもカトラリーの出番のほうが多い、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は、そんな私たち日本人の食生活にもすっかり浸透した食卓上の名脇役、「カトラリー」のお話です。

テーブルマナーの発展とともに歩む、カトラリーの意外な歴史

今ではナイフ・フォーク・スプーンを一組で揃えるのが一般的になっているカトラリーですが、この三つをセットとして食事をする形式が確立したのは、19世紀頃と意外にも最近になってのことなのです。

現在とは大きく異なる、中世ヨーロッパの卓上事情

中世末期に歴史の幕を開けるフランス料理ですが、14世紀頃までは、なんと各人用のお皿もフォークもありませんでした。当時は、丸く切った分厚いパンをお皿代わりに使い、卓上の小道具としてナイフとスプーンはありましたが、フォークはまだ使われていませんでした。

ナイフとスプーンも現在のような使い方とは大きく異なり、ナイフは主に武器である短刀や短剣をテーブル用と兼用していました。それも今のように自分のお皿のうえで使うのではなく、ローストした丸々一頭分の獣肉の塊を客前で捌き、騎士社会において自分が優れた剣の使い手であることを見せつける演出の手段として使われていたのです。
スプーンも一部の特別な階級の者しか持てない大変貴重なもので、庶民にまでは普及していませんでした。

そのため、ほとんどの場合、料理は自分の指を使って食べるものでした。
ソースで汚れてしまった指はどうするのかというと、驚くべきことにテーブルクロスの垂れ下がった部分で拭いたのだそうです。当時はテーブルセッティングにナプキンもなかったのです。

テーブルマナーの登場

現代とは大きくかけ離れた食事のマナーに革新が起こるのは、16世紀に入ってからのことです。
社会における上層階級と下層階級の区分を明らかに識別する手段として、自らの振る舞い方(マナー)に注目が集まるようになりました。中でも、体を使って人前で演技をして身振りを抑えながら食事をする「テーブルマナー」が最重要視されたといいます。
こうして、お皿・ナプキン・グラスなどのテーブル器具類の種類が増え、機能の分化が進むとともに、食べ物専用のテーブルナイフが登場し、武器と兼用であった短刀や短剣を食卓で使う習慣も廃れていきました。

イタリアからもたらされ、ファッションで普及するフォーク

食事用のフォークの登場も、16世紀に入ってからです。
のちのアンリ2世の妃として、カテリーナ・デ・メディチがイタリアから嫁いできたことをきっかけに、フランスにフォークがもたらされました。
その後、フォークが日常的に使用されるまでに普及した背景には、16世紀半ば頃からヨーロッパで流行した「フレーズ」と呼ばれるひだひだの首輪のような襟の存在がありました。「フォークを使えば襟にシミをつけないで済む」という発想が、フォークの普及を後押ししていくのです。おもしろいですよね。

以来、これまでのように料理に指を直接突っ込むような行為は不潔でショッキングな光景となり、食器は各人自分用のものを使うのが当たり前になっていきました。
こうして、現在のようにナイフ・フォーク・スプーンのセットで食事する形式が確立されていったのです。

北欧スウェーデンで誕生した、王室御用達カトラリーブランド「GENSE(ゲンセ)」

さて。こうした歴史を辿りながらナイフ・フォーク・スプーンといったカトラリーが現代の形式を確立させつつあった1856年に、北欧スウェーデンで創業するのが、スウェーデン王室御用達の伝統と信頼を得ることになるカトラリーブランド「GENSE(ゲンセ)」です。

創業者「Gustav Eriksson(グスタフ・エリクソン)」が「NySilverfabrik(銀メッキ工場)」をスウェーデンの「Eskilstuna(エスキルストゥーナ)」で始めたことから、それらの頭文字をとって「GENSE(ゲンセ)」と名付けられました。
スウェーデンで現存する最も古い株式会社であり、スウェーデンの他にデンマーク、フィンランド、ノルウェー、ベルギーと北欧を中心に支社を持ち、2007年度より全世界に向けて製品の販売を開始した、老舗カトラリーブランドです。
毎年12月10日にストックホルムで行われる、ノーベル賞晩餐会の席で使用されるディナーカトラリーをプロデュースしていることでも知られています。

優雅な曲線で食卓をランクアップさせる「Figura(フィグラ)」

GENSE(ゲンセ) Figura(フィグラ)シリーズ
シャープなイメージと優美な曲線が交錯するデザインが特徴の「Figura(フィグラ)」シリーズ

こちらは、Bertil Vaillien(バッティル・ヴァリーン)デザインの「Figura(フィグラ)」というシリーズ。
シャープなイメージと優美な曲線が交錯する、なんともエレガントで美しいシェイプが特徴の、ステンレス製のカトラリーシリーズです。
デザイン性と機能性を兼ね備えた無駄のないフォルムは、創業以来多くのデザイナーとコラボレーションをしてきた「GENSE(ゲンセ)」ならではのプロダクト。食卓を上品に演出してくれます。

この他、著名なデザイナーを起用した幅広いデザイン展開が魅力

GENSE(ゲンセ) Folke de Luxe(フォルケ・ド・リュクス)シリーズとOLD FARMER CLASSIC(オールド・ファーマー・クラシック)シリーズ
「Folke de Luxe(フォルケ・ド・リュクス)」シリーズ(写真左)と、「OLD FARMER CLASSIC(オールド・ファーマー・クラシック)」シリーズ(写真右)

写真左の「Folke de Luxe(フォルケ・ド・リュクス)」シリーズは、樹脂製の柄とマットな光沢感のあるステンレス製の先端部分が特徴的。
スウェーデン工業デザイン界の第一人者、Folke Arstrom(フォルケ・アールストローム)によるデザインで、国際博覧会で金メダルを多数獲得、ニューヨークタイムズの「近代のベストデザイン100選」にもノミネートされ、モナコ王妃グレース・ケリーが愛用したことでも知られる、由緒あるシリーズです。

写真右の「OLD FARMER CLASSIC(オールド・ファーマー・クラシック)」シリーズは、Bent Severin(ベント・セベリン)による、まさにお肉の塊を食べるため!といったデザインが特徴的。
強化木の柄と刃のついたナイフが、食欲を刺激するワイルドさを感じさせつつも、全体的なフォルムは洗練されたスマートな印象も与える絶妙なカトラリーシリーズです。

FOOD LIFE DESING STORE では、「GENSE(ゲンセ)」ブランドのカトラリーとして、Ingegerd Raman(インゲヤード・ローマン)デザインによる「INDRA(インドラ)」シリーズも取り扱い中です。

毎日身につけるアクセサリーを選ぶように、カトラリー選びも楽しんで

今回は、スウェーデンのカトラリーブランド「GENSE(ゲンセ)」にスポットライトを当ててご紹介しましたが、当ストアでは同じく北欧からデンマーク王室御用達ブランド「KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)」や、イタリアの先進的なブランド「knIndustrie(ケーエヌインダストリー)」など、様々なテイストのデザインのカトラリーブランドを取り扱っております。
ぜひ、ストアサイトの「カトラリー」カテゴリーをご覧になってみてください。

毎日のファッションに合わせて身につけるアクセサリー選びを楽しむように、お料理のテイストに合わせて、またテーブルコーディネートのアクセントとして、デザインや材質などのバリエーションが豊富なカトラリー選びで、メリハリのある食卓作りをしてみませんか?

 

 

GENSE(ゲンセ) Figura テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) Figura テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) Figura テーブルスプーン
GENSE(ゲンセ) Figura テーブルスプーン
GENSE(ゲンセ) Figura デザートナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura デザートナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura デザートフォーク
GENSE(ゲンセ) Figura デザートフォーク
GENSE(ゲンセ) Figura デザートスプーン
GENSE(ゲンセ) Figura デザートスプーン
GENSE(ゲンセ) Figura バターナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura バターナイフ
GENSE(ゲンセ) Figura コーヒースプーン
GENSE(ゲンセ) Figura コーヒースプーン
GENSE(ゲンセ) Folke de Luxe テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) Folke de Luxe テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) Folke de Luxe テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) Folke de Luxe テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック テーブルナイフ
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック テーブルフォーク
GENSE(ゲンセ) Indra インドラ テーブルカトラリー16本セット
GENSE(ゲンセ) Indra インドラ テーブルカトラリー16本セット
こちらの記事も併せてご覧ください
北欧の森をイメージさせる、木箱入りのスペシャルなカトラリーセット – フードライフデザインブログ
北欧スウェーデン王室御用達のカトラリーブランドGENSE(ゲンセ)から、人気のOLD FARMER CLASSIC(オールド・ファーマー・クラシック)シリーズのグリルナイフとフォークが、雰囲気たっぷりの木箱に入ったセットになって登場。4本入りのペアセット、8本入りの4名分セットの二種類でのご用意です。