今が旬、苺を贅沢に使ったローズマリーと黒胡椒香る大人のコンフィチュール

こんにちは、FOOD LIFE DESIGN の角田です。
いよいよ桜も咲き始め、春の訪れを感じる季節になってまいりました。前回のお花見弁当特集、いかがでしたでしょうか。これからお花見という方がいらっしゃいましたら、ぜひおかず作りのご参考になさってくださいね!

春ならではの旬の食材、苺を楽しむ。

気候や風景に限らず、食材からも新しい季節の訪れを感じることができます。
今時期ですと、苺もそのひとつ。店頭に並んだ苺のパックを眺めていると、春がきたなぁとウキウキしてしまいます。
今回は、そんなウキウキした気持ちをそのままぎゅっと詰め込んだような、甘酸っぱくほんのり大人風味のコンフィチュール作りで春の訪れを満喫しましょう!

ヘタを取った苺2パック
甘酸っぱい香りを放ちながら春の訪れを告げる苺は、まるで赤い宝石のよう。

 Confiture de fraises 〜苺のコンフィチュール〜

INGREDIENTS 材料 (作りやすい分量)
苺            2パック(粒の小さいもの)
砂糖(グラニュー糖)   ヘタをとった苺の重さを計り、その60%の分量を用意する
レモン汁         1/2個分
ローズマリー       1本
黒胡椒          約10〜15粒(スパイシーな風味がお好みの場合は粒を潰しても)

HOW TO COOK 作り方
1.苺を洗って水気をよく切り、ヘタを取る。

2.苺の重さを計り、その60%の分量の砂糖を苺にまぶし半日置く。

砂糖をまぶした苺
苺全体に砂糖がまわるように満遍なくまぶす。

3.苺から水分が出てくればOK。水分ごと琺瑯かステンレス製の鍋に移す。

水分が出た苺
砂糖の浸透圧で苺から水分が出てきた状態。アルミ鍋などは酸で腐食してしまうので、琺瑯かステンレス製の鍋が好ましい。

4.強火にかけ、出てきたアクを丁寧にすくい取る。

苺のコンフィチュール 煮始め
白い泡のようなものがアク。レードル(おたま)などを使って丁寧に表面のアクだけをすくい取っていく。

5.アクが少なくなってきたら中火にし、そのまま煮る。

6.全部で20分ほど煮たら、レモン汁・ローズマリー・黒胡椒を加え混ぜ、火を止める。

7.保存する場合は温かいうちに保存用の瓶の口いっぱいまで入れてフタを閉め、冷めたら冷蔵庫に入れる。

コンフィチュールを作る際のポイント。

苺を砂糖で煮るだけ、という意外に簡単なコンフィチュール作り。

今回ご紹介したレシピでは苺の分量に対して60%の砂糖で作りましたが、お好みで60%〜100%(苺と同量)で作ることができます。80%以上ですと常温保存もできますが、それ以下の分量ですと甘さ控えめな大人向けの風味になる一方でやや保存性に欠けるので、かならず冷蔵庫で保存し、なるべくお早めに召し上がることをオススメします。
また、煮上がりの目安も気を付けたいポイント。いわゆる「ジャム」のような固さをイメージして煮詰めていってしまうと、鍋底で焦げ付いたり、冷めたときガチガチの飴のようになってしまいますのでご注意を。だいたい20分を目安に、まだちょっと緩いんじゃないかな?というところで火を止めると、冷めたときにトロリとした良い具合に仕上がります。仕上がりが気になる方は、小皿を冷蔵庫で冷やしておき、そこへ熱い煮汁をすこし取って斜めに傾けます。煮汁がツーッと垂れ落ちてしまうとまだちょっと早め。すこしゆっくりと垂れ落ちるくらいがベストタイミングです。レモン汁を加え、すぐに火を止めましょう。

苺のコンフィチュール 完成図
苺の粒を崩さないように仕上げると見た目にも綺麗。

ソースとしてお料理にアレンジできるのも大人風味ならでは。

今回ご紹介したコンフィチュールは、甘さ控えめの大人風味。さらにローズマリーと黒胡椒を加えて、甘酸っぱさのなかにピリッとスパイシーな仕上がりになっています。
トーストやヨーグルトに乗せていただく以外にも、バルサミコ酢と合わせてドレッシングにしたり、お肉のソースに加えたりといったアレンジもできます。レバーパテの横に添えて赤ワインのお供にするのもオススメです!

いつもの食卓に、季節を感じる食材を。

今回ご紹介したコンフィチュールのレシピは、苺だけでなく他のフルーツでも作ることができます。
季節ごとに旬のフルーツの美味しさを凝縮したコンフィチュールを炊いて、朝食のトーストに、おやつのパンケーキに、ディナーのソースに使ってみる。こんな風に、いつもの食卓に旬の食材を添えて、季節を感じてみるのも良いものです。