【2017年クリスマス特集・第4回】事前のプランニングでもっと楽しく!クリスマスパーティーの準備の仕方 / 演出編

2017-Christmas-eyecatch

先週からスタートした、2017年クリスマス特集。クリスマスについての豆知識や、パーティーの準備の進め方、テーブルコーディネートのご提案など、あらゆる角度からクリスマスを楽しむためのノウハウを、全5回にわたってご紹介していく大特集です。

第4回目の今回は、前回に引き続き「クリスマスパーティーの準備の仕方」をテーマに、とくにパーティー当日のおもてなしムードを盛り上げる演出や飾り付けについてご紹介したいと思います。
パーティーのテーマやコンセプトも決まり、日程、ゲスト、お料理の内容もほぼ決まった……。となれば、パーティーを主催するうえでの一番の山場はひとまず越えたと言っても良さそうです。そこであと一押し!ちょっとした心遣いと演出を加えることでより一層ムードを高め、ご自宅を素敵なパーティーの舞台に仕立げましょう。

ツリーやリース以外にも、クリスマスならではのテーブルブーケを

クリスマスの飾り付けの定番といえば、ツリーにリース。玄関先やお部屋に自然とグリーンを飾りやすいイベントでもあります。ぜひお部屋だけでなく、ダイニングテーブルにもクリスマスらしさのあるブーケを飾って食卓を彩りたいところです。

クリスマスらしいテーブルブーケ選びのポイントは?

AdobeStock_179593120−2

クリスマスブーケというと、どうしても「赤×緑」のクリスマスカラーを意識してバラやポインセチアのような赤いお花を選びがちです。それはそれでクリスマスらしくて素敵なのですが、あえて赤いお花を外してみるのはいかがでしょう。
ユーカリやブルーアイスのように雪が降り積もったようなスモーキーな色合いのグリーンを中心に、ジュニパーなどの実モノや松ぼっくりなどでポイントを作ると大人っぽいブーケに仕上がります。

オススメのフラワーベースはコレ!
Lyngby Porcelain(リュンビュー・ポーセリン) Lyngby Vase リュンビューベース 15cm マットホワイト
Lyngby Porcelain(リュンビュー・ポーセリン) Lyngby Vase リュンビューベース 15cm マットホワイト

スモーキーな色合いの大人っぽいクリスマスブーケをダイニングテーブルに飾るなら、マットな質感が上品な印象の「Lyngby Porcelain(リュンビュー・ポーセリン) Lyngby Vase リュンビューベース 15cm マットホワイト」がおすすめです。
お食事中の目線を遮らない高さ15cmという絶妙なサイズ感は、圧迫感がなく大きなテーブルならライン状に2・3個並べて置いても素敵です。

ライティングを工夫してムードを高める

Beautiful Christmas table setting

効果的な照明はムードを作ったり、料理を美味しく見せるだけなく、ゲストの顔も美しく照らします。
普段の煌々とした部屋の照明は落として、ペンダントライト、スポットライト、フロアスタンドなどの間接照明でテーブルや壁や天井を照らすとお部屋にアクセントが出来ます。柔らかい間接照明は、やすらぎや落ち着き、くつろぎ感を与え、女性を美しく見せてくれます。

もっとも効果的でクリスマスらしさも演出してくれるのは「キャンドル」。炎の優しい揺らぎでロマンティックなムードが生まれます。なお、香りのするアロマキャンドルはお料理やお酒の風味を邪魔してしまうので、ダイニングルームでは香りのないタイプのものを選びましょう。

BGMは定番のクリスマスソングをおしゃれなアレンジで

パーティーの空間にBGMは必要不可欠です。誰もが一度は耳にしたことのある定番のクリスマスソングをチョイスしつつも、アレンジで差をつけましょう!
音楽に詳しくなく選曲に迷ってしまう……という方は、ゲストの皆様にそれぞれお気に入りのCDを持ち寄っていただいて、順番にかけていくというのも盛り上がりそうです。

ちなみに、音楽好きの当ストアスタッフ一押しのクリスマスアルバムを以下にご紹介いたします!

BGMを流す際は、パーティーの途中で突然無音になってしまわないように、あらかじめリピート設定をお忘れなく。

実はけっこう見られている「あの場所」のお手入れも念入りに

お部屋の飾り付けやムード作りもバッチリ決まったところで、最後にチェックしておきたいのが「お手洗い」や「洗面所」。リビングルームやダイニングルーム以外に、ゲストが必ず立ち入るところです。
念入りにお掃除をしておくのはもちろんのこと、生活感が出てしまいがちなプライベートなアイテムは別室に移したり目につかないようにしておきましょう。
またハンドタオルをクリスマスデザインのものにしたり、目につく場所に小さなオーナメントを置いたり、ちょっとした気配りがしてあると上級者っぽいですよね。

玄関のドアを開けた瞬間から、おもてなしの空間ははじまっています。思わぬ見落としに気付くこともあるので、準備が整ったら一度ご自分がゲストになったつもりで玄関からお部屋の中を一通り歩いてチェックしてみましょう。

さて。いよいよ次回はクリスマス特集の最終回。
当ストアで取り扱い中の商品で作る、クリスマスパーティーのコーディネートのご提案です。
新入荷の商品もございますので、どうぞお楽しみに!

こちらの記事も併せてご覧ください
広告