【2017年クリスマス特集・第3回】事前のプランニングでもっと楽しく!クリスマスパーティーの準備の仕方 / 計画編

AdobeStock_174709095

先週からスタートした、2017年クリスマス特集。クリスマスについての豆知識や、パーティーの準備の進め方、テーブルコーディネートのご提案など、あらゆる角度からクリスマスを楽しむためのノウハウを、全5回にわたってご紹介していく大特集です。

第3回目のテーマは「クリスマスパーティーの準備の仕方 / 計画編」です。
クリスマスパーティーの準備のうち、とくに「パーティー を主催するにあたって、あらかじめ計画しておきたいこと」にフォーカスいたします。ご自宅でのホームパーティーに慣れていらっしゃる方だけでなく、今年こそやってみたいけれど何から手を付けて良いものやら……とお悩みの方の一助になれば幸いです。

パーティーと言っても、大人数でワイワイと盛り上がるだけがパーティーではありません。パートナーとふたりきりで過ごすロマンティックな夜も、ご家族で暖かく過ごす団欒の食卓も、気心の知れたお友達だけで集まる大人な飲み会も。
ちょっとした心遣いや演出で素敵なパーティーの舞台になります。心を込めて、でもあまり気負いすぎずに準備をしていきましょう!

テーマ・コンセプトを決めてみる

なんとなくただ「クリスマスだから集まろう!」では、せっかくのパーティーもちょっと味気ないですよね。まずはパーティー全体のテーマやコンセプトを設定してみてはいかがでしょう。

パーティーのテーマ・イメージカラーを決める

  • 伝統的な印象の「クラシック」
  • ソフトなペールトーンを基調にした「エレガント」
  • モノトーンベースにビビッドカラーを効かせた「モダン」
  • やすらぎのある自然を感じさせる「ナチュラル」

など、ゲストの顔ぶれを思い浮かべてしっくりするテーマをチョイスしてみましょう。パーティー上級者の方は、「エレガントでナチュラル」のように二つのテーマをミックスしてみるのもありですね!

また、キーとなるカラーを設定するのも、パーティーのイメージを固めるのに役立ちます。
今年2017年の秋冬は、ファッション業界では「赤」がトレンドカラーのひとつになっています。赤と言っても、深みのあるバーガンディーやワインレッドから、ビビッドでクリアなレッドまで様々なので、お気に入りの「赤」を取り入れてみるのも今年風です。

AdobeStock_174709095

この他に、北欧の冬の大自然を思わせるような「ナチュラルグリーン」。

Natural Christmas Decor in a Rural Basket. Nuts, Fir Tree, Cinnamon

 

落ち着いた「ネイビー」をメインにきらりと光るラメやパールの質感を加えたもの。

Grußkarte - Adventskerzen - dunkelblau

 

モノクロの銀世界を思わせる「ブラック・ホワイト・シルバーの組み合わせ」などがトレンドになっているようです。

white christmas gift

パーティーのテーマやイメージカラーなどが固まってくると、自然と用意すべきアイテムも決まってくるものです。どんな雰囲気のパーティーにしたいのか頭のなかでイメージして、お気に入りの組み合わせを見付けてみましょう。
イメージカラーを全面に押し出すパーティーにする場合、ゲストにちょっとしたドレスコードとして「何色のアイテムを身につけてきて」などと提案してみるのも一興です。女性ならネイルやスカーフ、男性ならタイやチーフなど、気負わず気軽に楽しめる程度のものがベターです。

パーティーのコンセプトを明確にする

ホームパーティーを主催する際には、パーティーのコンセプトもあらかじめ明確にしておきましょう。
例えば、

  • パーティーの日時と時間帯(ランチ、ディナーどちらなのか)
  • ゲストのメンバー構成(どういったコミュニティーのメンバーで集まるのか、何人呼ぶのかなど)
  • どういった形式のパーティーにするのか(ビュッフェ形式、ポットラック(持ち寄り)、一人前ずつサーブするなど)
  • 料理のジャンル、メニュー構成
  • 予算

などは、計画の段階で明確にしておいたほうが良いでしょう。

とくに予算に関しては、ホスト側だけでなくゲスト側も気になさることが多い一方で、お金のことなのでお互いに口にしにくいもの。あらかじめパーティー全体の予算を決め、そこから料理や飲み物、お花などの飾り付けなどにかける金額の配分を頭の中でシミュレーションしておきましょう。
もちろん、すべてをご自身で負担しようと気負わなくても大丈夫です。たとえば、飲み物やデザートだけはゲストに「最近のオススメがあったらぜひ教えて」とお願いしてみてもいいですし、ひとり一品ずつ何か料理を持ち寄るポットラック形式のパーティーにするのも手です。

ひとりだけで頑張りすぎてしまうと、パーティー当日にはクタクタに疲れきってしまいますし、あまりにパーフェクト過ぎるおもてなしだと、招かれた側も次に招き返しにくくなってしまいます。ホスト自身も楽しむ余裕があるくらい、肩の力の抜けたおもてなしがベストです。
バランスを考えながら、パーティー全体のコンセプトを決めていきましょう。

招待状を出してみる

AdobeStock_174709095

パーティーのテーマやコンセプトが固まってきたら、さっそくゲストに向けてパーティーのお誘いをしましょう。
メールや電話で、いつでも簡単にお誘いが出来てしまう昨今。あえて、クリスマスカードとしてパーティーへの招待状を出してみるのはいかがでしょう。

日本ではクリスマス当日か数日前ごろ届くように送ることの多いクリスマスカードですが、海外では11月の下旬から12月の上旬ごろには届くように送り、お部屋にカードを飾って眺めながらクリスマス当日を楽しみに待ちます。
まずはメールや電話などでゲストの予定を打診し、日程が決まったところで招待状としてクリスマスカードを出してみましょう。
きちんとしたお誘いは、ゲストにとっても嬉しく気持ちも盛り上がるものです。ホストもゲストも一緒にパーティー当日を楽しみに過ごしましょう。

テーブルウェアの数は足りている?かならずチェックを

パーティーのテーマやコンセプト、日程も決まり、ゲストの顔ぶれも決まったところで、プレートやカトラリー、グラスなどのテーブルウェアが揃っているか、かならずチェックしておきましょう。

おもてなしに慣れていらっしゃらない方の場合、気付いたら自分たちの分しか持っていなかった!ということも……。とにかくたくさんの人数をお呼びするときには手軽なプラスチック素材のものなどで揃えてしまうのもありですが、少人数で着座してゆったりと過ごすパーティーなら、テーブルの広さや椅子の数などに合わせて、ペア、4人分、6人分、8人分など偶数でテーブルウェアを揃えておくと、おもてなしに対応しやすくなります。

FOOD LIFE DESIGN STORE では、ペアセットや偶数セット以外にも、おひとつ単位からお買い求めいただける商品を多く取り揃えております。
ぜひ今年のクリスマスパーティーを機会に、おもてなし用のテーブルウェアを揃えてみてはいかがでしょう。

さて。次回は引き続き「クリスマスパーティーの準備の仕方」をテーマに、パーティー当日のムードを盛り上げる演出や飾り付けなどについてご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!

こちらの記事も併せてご覧ください

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

広告