【2017年クリスマス特集・第2回】クリスマスの定番メニューを引き立てるキッチンウェア

2017-christmas-2-eyecatch

今週からスタートした、2017年クリスマス特集。クリスマスについての豆知識や、パーティーの準備の進め方、テーブルコーディネートのご提案など、あらゆる角度からクリスマスを楽しむためのノウハウを、全5回にわたってご紹介していく大特集です。

第2回目の今回のテーマは、「クリスマスの定番メニューを引き立てるキッチンウェア」です。

クリスマス料理の定番といえばチキン

クリスマス料理の定番として真っ先に思い浮かぶのは、丸のままローストされたチキン。大人数でもシェアできるボリュームとごちそう感に加えて、インパクトのあるビジュアルはクリスマスパーティーのメインディッシュにぴったりです。

どうしてクリスマスにチキンを食べるのか

どうしてクリスマス料理の定番といえばローストチキンなのでしょうか。「欧米では七面鳥(ターキー)を食べるけれど、日本では七面鳥が手に入りにくいからでしょう?」と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、じつのところ欧米でクリスマスに七面鳥を食べる習慣はほとんどありません。
アメリカでは、七面鳥を食べるのはどちらかと言うと11月末の感謝祭の時で、クリスマスディナーのメインディッシュは、もっぱら焼いたハムやローストビーフなのだそうです。

元々は欧米の宗教的イベントであったクリスマスを、日本で年末の一大商業イベントとして普及させていく過程で「アメリカのごちそう=七面鳥」の図式を、入手しやすい鶏肉に置き換えて「クリスマス=チキン」というイメージを定着させた、というのが真実のようです。

ちなみにカトリックの影響が強い国では、イエス・キリストが生まれるまではお肉を食べてはいけないという習慣が今でも残っており、クリスマスにはお肉ではなくお魚料理を食べるのだそうです。例えば、イタリアでは鰻(うなぎ)、ポーランドやチェコでは鯉(こい)をクリスマスディナーのメインディッシュとして食べるのだとか。こちらもなかなか興味深いですよね。

でもやっぱり王道のローストチキンが食べたい!

海外のクリスマス事情はさておき、やはり日本ならではのクリスマスディナーを楽しむなら、チキン料理が食べたいですよね!
クリスマスシーズンが近づく今時期になると、スーパーマーケットなどでも普段はあまり店頭に並ばないローストチキン用の丸鶏や骨付きのもも肉が売られるようになります。お肉売り場を通り掛かった際は、ぜひチェックしてみましょう。

FOOD LIFE DESIGN STORE でも、ローストチキン作りに大活躍するアイテムを多数取り揃えております。

おすすめのお鍋はコレ!
Staub(ストウブ) ピコ・ココット オーバル 23cm グレー
Staub(ストウブ) ピコ・ココット オーバル 23cm グレー
turk(ターク) クラシックグリルパン 3号 26cm
turk(ターク) クラシックグリルパン 3号 26cm

どちらの商品も丸ごとオーブンに入れられる仕様。焼きあがったらそのまま食卓にサーブしてもサマになる、スタイリッシュなデザインです。
大きなお鍋が入るオーブンがない!という方も、「Staub(ストウブ) ピコ・ココット オーバル 23cm グレー」なら、しっかりとした重さのある密封性の高い蓋でお鍋の中が蒸し焼き状態になり、オーブンに入れずとも調理できます。オーブンがないから……と諦めずにチャレンジしてみましょう!

おすすめの鍋つかみはコレ!
ROSENDAHL(ローゼンダール) NANNA DITZEL ナナ・ディッツェル ポットホルダー 2pcs ブラック
ROSENDAHL(ローゼンダール) NANNA DITZEL ナナ・ディッツェル ポットホルダー 2pcs ブラック

長時間火にかけたお鍋は大変熱くなっていますので、ヤケドには注意が必要です。
「ROSENDAHL(ローゼンダール) NANNA DITZEL ナナ・ディッツェル ポットホルダー 2pcs ブラック」は、内側部分が滑りにくく耐熱性に優れるシリコン素材になっており、ブラックカラーにスエード調のストラップがアクセントになったカッコイイ外観は、そのまま鍋敷きとしてテーブルに出してもコーディネートを邪魔しません。2枚セットになっているのも嬉しいポイントです。

おすすめのカトラリーはコレ!
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック グリルナイフ&フォーク 4本セット
GENSE(ゲンセ) オールドファーマー クラシック グリルナイフ&フォーク 4本セット

出来上がった熱々のローストチキンは、切れ味抜群・お肉を食べるためのカトラリーとして当ストア一押しの「GENSE(ゲンセ)」オールドファーマークラシックシリーズのグリルナイフ&フォークで!
こちらは写真の「4本セット」の他、「8本セット」や、「テーブルナイフ」「テーブルフォーク」それぞれ1本単位からのお取り扱いもございますので、人数に合わせてお求めいただけます。

クリスマスにはケーキも欠かせません

2017-christmas-2-1

クリスマスシーズンのグルメといえば、ローストチキンの次に欠かせない存在なのが「クリスマスケーキ」。
伝統菓子として有名なのは、ドイツの「シュトレン」やフランスの「ビュッシュ・ド・ノエル」などでしょうか。また、毎年このシーズンになるとパティスリーや百貨店やホテルなどから次々とクリスマス限定のデコレーションケーキが発表され、予約が殺到するほどの人気ぶりです。

今年のトレンドは「ホワイト&レッド」

何かと「3D」が話題になった今年は、立体的なデコレーションが施されたケーキが多いように見受けられます。

また、聖なる夜にしんしんと降り積もる雪のイメージ「ホワイト」をメレンゲやホワイトチョコレートで、暗闇に灯る燈や情熱的なハートを連想させる「レッド」をカシスなどのベリー系で表現した、「ホワイト&レッド」の組み合わせも、今年のクリスマスケーキのトレンドなのだとか。
サンタクロースのイメージカラーでもあるので、シンプルながらもクリスマスっぽいカラーリングですよね。
毎年クリスマスケーキはお店で買わずにご自宅で手作りなさるという方も、今年はこのトレンドカラーを取り入れてみても楽しいかもしれません。

アイテム選びでクリスマスケーキをより素敵に演出

おすすめのケーキスタンドはコレ!
iittala(イッタラ) Kastehelmi カステヘルミ ケーキスタンド 24cm クリア
iittala(イッタラ) Kastehelmi カステヘルミ ケーキスタンド 24cm クリア

せっかくのクリスマスケーキをテーブル上で目立たせるなら、お料理よりも一段高い場所にセットできるケーキスタンドを使うのも手。
フィンランド語で「しずく」を意味する「Kastehelmi(カステヘルミ)」シリーズのケーキスタンドは、まさにクリスマスキャンドルの燈を反射してきらめく「しずく」の結晶。クリアカラーなので、トレンドの「ホワイト&レッド」とも色がケンカしません。また直径24cmとゆとりのあるサイズなので、丸型だけでなく奥行きのあるケーキを乗せても映えます。

おすすめのデザートプレートはコレ!
Jars(ジャス) Tourron デザートプレート 20cm SAMOA
Jars(ジャス) Tourron デザートプレート 20cm SAMOA
ROSENDAHL(ローゼンダール) DUET デュエット プレート 19cm ホワイト
ROSENDAHL(ローゼンダール) DUET デュエット プレート 19cm ホワイト

ケーキを取り分けるプレートは、正統派のホワイトからちょっぴり大人っぽいダークカラーまで。
デザートフォークやスプーンも各種取り揃えております。
ぜひストアサイトをご覧になってみてくださいね。

次回は、ご自宅でクリスマスパーティーを開く際の準備についてご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!

 

こちらの記事も併せてご覧ください